想い出を動画に残すということ

想い出を動画に残すということ

動画は私たちの生活の至るシーンで流れることが多くなりました。

例えば運動会。

親は我が子を撮ろうと必死になって追いかけますが、なかなか撮れるものではありません。

しかし最近は学校もプロの動画製作会社に依頼して全体的にDVDにしてくれたりする所もあります。

我が子だけを追っているのではありませんが、応援団や集団の演技などは見ごたえもありますし、いい想い出になります。

同じように卒業式にもそういった映像を流してくれたりすることが多いのですが、学校での子どもの姿や成長した姿に親は感動してしまいます。

このような動画は先生方が編集ソフトなどを駆使して作ってくれたりすることが多いと聞きますから、すごいことだと思います。

また、最近は結婚式で必ずといっていいほど、動画が流れます。

こういった動画制作は専門の業者に頼むより、自分たちや友だちが製作してくれることが約7割を占めるそうです。

一生に一度、自分たちが主人公といった動画制作はたくさんの思い入れもあるでしょうし、見ている人にも言葉だけでない感謝の気持ちが表れることでしょう。