動画制作を知っていますか?

動画制作を知っていますか?

動画制作とは何かを語る前に、まず動画とはどういうものか、あるいはどういった言葉の意味があるのかからを知る必要があると思います。

そもそも「動画」という言葉は日本のアニメーションを指すものとして使われ始めたそうです。

漢字から、まさに画が動くということですから納得のいく話ではあります。

定義上は動く画像、静止画と真逆といえますが、動く画像とは何を示すのでしょう。

現代の私たちの生活には動く画像は山ほどあります。

テレビ、映画、モバイル上で再生されるもの、自分で作る映像という事でもあらゆる方法があふれています。

日本では一枚の絵を切り替えることで話を綴った紙芝居が発展していったものが動画といえるのでしょうか。

ラジオしかなかった時代には眼から入る物語に子ども達は驚き夢中になったことでしょう。

それが今では、その絵が動いてあたり前なのですから、動画という世界は1世紀足らずの間に進化し、今の動画制作に至ったといえるのではないでしょうか。

動画の歴史は映像の歴史

「動画」の歴史は映像の歴史といえます。

現代の映画やテレビの現場は動画制作の延長にあるものともいえます。

始まりは止まっている画を超高速に切り替えることで動いているように見せるといった人間の視覚の錯覚を利用したものが動画です。

これは私たちがビデオを撮るといった事とは違うような気がするのですが、動画の進化系といっていいものではあります。

私たちは映像というか映写機なるものをエジソンが発明し映画の基礎を作ったというような覚え方をしています。

エジソンのキネストコープと呼ばれるものはフィルムを入れた箱を覗き込むといったもので、写真が動く原型ともいわれています。

その後リュミエールという兄弟が今のスクリーンに映像を映し出すといった発明によって映像の世界は飛躍したのですが、これはあまり知られていません。

動画制作の仕組みについて

ですが、19世紀後半になんとか画を動かそうとした、このような発明家によって動画制作が生まれたのだということは間違いないようです。